試し履きは必ずしよう|子供シューズは成長段階を支える大切なもの【成長に合わせたシューズ】

大事な子供シューズを選ぶなら正しい知識を持って選ぼう

成長に関わるものだから

子供シューズ選びは非常に重要なものです。なぜなら、まだ成長段階にある子どもの足を包み込むものだからです。間違った選び方をしてしまうと、子供の成長に影響しかねません。だからこそ、正しい知識を学ぶことが、子供のシューズを選ぶ人と子供にとっても大事なことだと言えます。

試し履きは必ずしよう

靴

試し履きのチェックするところ

子供シューズを選ぶなら、必ず試し履きをしましょう。欲しいデザインのシューズが決まったら、足の長さに合わせてシューズを履かせてあげましょう。この時に見るのが、つま先です。つま先が5mm程空いていて、指を自由に動かせるか確認します。子供にシューズを履いてみてきつくないか聞いてあげることも大切です。試し履きをする時には、普段履いた状態をチェックしたいので靴下をはいた状態で試し履きをしましょう。それは衛生面の予防にもつながります。かかとまでサイズが合っているかの確認は、きちんとベルトやヒモを結んだ状態でかかとを床で叩くとしっかり合います。

歩いてもらおう

試し履きをした時は、歩いている状態を見て判断をする必要があります。子供に歩いてもらって、細かくチェックしていきましょう。合わないシューズを履かせてしまっては、子供の足の成長に影響を及ぼしてしまうからです。歩いてもらった状態で見るポイントは、まず始めに歩き方と言えるでしょう。シューズのサイズなどが合っていなければ、不自然な歩き方になってしまうからです。歩くとかかとがどうなっていくか、状態確認出来るのでわかりやすいです。そしてデザインの部分が当たって痛くないかなど、子供と意思疎通の確認をしていくことが大切です。

子供シューズの選ぶポイント

簡単ワンタッチタイプ

まだ足の甲がやわらかく、成長過程にある子供のシューズを選ぶ際はワンタッチでシューズを締められるものを選ぶとよいでしょう。調節がしやすいので、小さなお子さんでもやりやすいです。

指に動きは重要

子供の頃は、誰しも足の指を最大限に活かして歩いていました。地面を足の指で掴むように歩いています。そのため、足の指が動きやすいような空間があるものを選びましょう。

つま先の反りを見る

子供は大人のようにまだ歩くことに慣れてはいません。そのことからわかるように、歩きやすいデザインであることが求められます。だからこそ、つま先に反りがあるものを選ぶと転びにくくなります。

かかとの隙間

足のかかとは全体重を支えている重要な場所です。だからこそ、シューズを選ぶ時もかかとに隙間が空いていなかチェックが必要です。足のかかとがきちんと固定されているだけで、安定した歩きを実現出来るでしょう。

衝撃から守ってくれる

子供は沢山歩いたり走ったりします。そのため、靴底の衝撃吸収は重要視していくべきです。衝撃を緩和を目的で探すなら、弾力のあるも靴底を選びましょう。

広告募集中