大切な子供の足をもっと知るために理解を深めよう

大人とは違うシューズの選び方

意外と知らない子供の足の知識を紹介しています。子供シューズを選ぶ時に、大人のシューズを選ぶ時と同じように選ばないように気をつけましょう。何故なら、子供の足は成長途中にあるのでシューズの選び方も変わってくるからです。

選び方を学ぶ

靴

試し履きは必ずしよう

子供シューズの選び方を説明しています。試し履きのときに必要な見るポイントなどを紹介しているので、覚えておくと実際にシューズを選ぶ際に役立ちます。

READ MORE

子供の足を知ろう

親子

成長段階の足を守ろう

子供の足の骨は、ほとんどが軟骨で出来ています。まだ発達途中の骨を守るために、脂肪が沢山ついていて、プニプニしているのです。そのことからわかるように、子供足はとても柔らかくて変形しやすいです。だからこそ、成長段階の子供シューズを選ぶのは未来につながるのです。歩き始めたばかりの子供のシューズを選ぶ時は、つまずきにくいものを重視して選ぶことが大切です。素材の柔らかさをチェックするのも必須です。

サイズは正しいものを履こう

成長段階の子供の足がやわらかいことからわかるように、足のサイズに合っていないものを履き続けると足を圧迫してしまってよくないです。例えばサイズがせまいものを履くと、骨の形成段階を邪魔してしまいます。そのため、きつくないかを確認することはとても重要になります。また、成長途中の子供の足は年々サイズが変わります。だからといって、本来の足のサイズ以上のシューズを履かせていると歩きづらくなります。シューズは毎日履くものなので、正しいサイズと履き心地のものを選ぶようにしましょう。

知っておくと役に立つ3ポイント

初めてのシューズ

子供の初めてのデビューシューズを購入する際には、どのくらいの時期に選べばいいかわからないものですよね。その時の判断ポイントが、お子様が掴まらずに一人で歩けるようになった段階がベストです。安定した歩きが出来るようになったら、お外デビューを考えて購入をするのが良いでしょう。

買い替えの時期

一般的にお子様の足は、3歳まで半年に1cmのペースでサイズが大きくなります。そのため、買い替え時期は足が大きくなるタイミングに合わせて確認していくと良いでしょう。3歳からは、半年ごとにサイズの確認を行なって新しいシューズを購入するとよいです。成長段階だからこそ、急に足が大きくなることもあるので、時期に関わらずサイズの確認を定期的にしてあげるようにしましょう。

濡れた時の対処

子供シューズに関わらず、天候によってシューズが濡れてしまうことがあります。その時に出来るだけ汚れなどは取り除くようにしましょう。そして紙をシューズの中に入れてると良いです。その際にシューズの形を整えて入れてあげると良いでしょう。それらが終わったら、陰干しで乾かしましょう。シューズのお手入れは、通常シューズを洗う時と同じ手順でOKです。洗剤などが残らないように、水でよくすすいであげましょう。この時の注意ポイントが、熱い温度の水などで、長時間濡れた状態を保つと色落ちの原因になるので気をつけましょう。

広告募集中